永久脱毛は医療レーザー脱毛で実現する

永久脱毛の定義を知っておこう

永久脱毛を行えば本当に一生肌に体毛が生えてこなくなる人もいます。しかし、一般的に永久脱毛は一定の期間において体毛を生えてこなくさせる行為を意味しますので、個人差によっては数ヶ月した後に生えてくることもあります。実際に、アメリカでは脱毛の施術を行ってから1ヶ月後において、体毛の再生率が20%以下である場合を永久脱毛として定義すると定めています。この基準は、1950年代に作られた基準であるため技術が発達した後年ではさらに体毛を生えてこなくさせることに成功しています。また、日本国内の永久脱毛に関しても他の脱毛とは少し事情が異なっているという事実があります。日本国内でこの脱毛の処理を行うときには、専門的な法律の適用がありますのでその法律に従った処理を必ず行わなくてはいけません。長期間の体毛の処理を実現する行為は、法律的には医療行為の一つであるとはっきりと法律で定義されているので、少なくとも日本国内で長期間の体毛の処理を依頼するのならば必ず専門的な施設で処理をする必要があります。だからこそ、医療レーザー脱毛は永久脱毛の一つの手段として認識されているのです。資格を持っていない人は医療レーザー脱毛を行うことができないということが法律上で決められています。